お礼と感謝ワークショップより、そして名古屋タカシマヤ「北欧展」のこと

13日、14日と2日間にわたり行いました、
スウェーデン人編み物作家アンさんによるワークショップ、
ご参加頂きました皆様には改めてお礼申し上げます。
本当に有り難うございました。

2日間ともご参加頂いたお客様もいらっしゃり、
また男性のお客様にもご参加頂き
何より、皆様お一人お一人が本当にご熱心に編み方を
学んで下さりましたこと、アンさん、技術補助でお願いした
斎藤 愛子さん、スタッフ一同共々、
お客様の支えでこの場を設けることが出来ました事
深く深く感謝しております。

店舗としてお品を販売ご提案する販売店という形に留まらず、
ここ軽井沢という土地で店を構え、どのように私達が展開し、
そして今後どういった形で展望を開いていくべきか常に考えておりました。
皆様にとってNATURが「店舗」としてだけではなく、
べつな形でも心に留めて頂けるような「特別な場所」として
一つ一つの企画、活動を大事にしていきたいと切に思ったワークショップでした。

さて、そのワークショップから一夜明け、わたくしどもNATURは
12月17日(水曜日)から20日(土曜日)の4日間のみ
名古屋タカシマヤにて「北欧展」に参加させて頂きます。
今回はアンさんのワークショップに引き続き、
毛糸を中心にご提案させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

息子はようやく3ヶ月を迎えました。
短時間ではございますが、少しずつ職場復帰をさせて頂いております。
またNATURで皆様にご挨拶出来ること心よりお待ち申し上げております。
旦那さん、今回のワークショップで学んだニッティングで
ベビー用リストウォーマーを制作中。


それでは失礼致します。
 
スウェーデン人編み物作家アンさんとのワークショップのご案内


12月13日(土曜日)、14日(日曜日)NATURでは
スウェーデンから編み物作家Annさんをお呼びして編み物教室を開催致します。
4時間のワークショップでAnnさんの指導の下リストワーマーを制作致します。
わたくし共の拙い通訳となりますが、技術面のサポートでは、斎藤 愛子さんに
ご協力頂き、皆様にはこの機会を十分に楽しんで学んで頂けるようご対応出来ればと思います。
皆様のご参加を心よりお待ちして申し上げております。
 
授業費つきまして無料です。

編み棒はAnnさんが現地よりご用意して下さいます。
当日、店内でお好みの毛糸をご購入下さいませ。
またワークショップでは休憩と致しまして、簡単なお菓子・お茶を
ご用意させて頂きますので、こちらも楽しみにして頂ければ。
(お席の確保、ご用意致しますお菓子等の関係上、当日の飛び入り参加が難しくなります。
大変申し訳ございませんが下記明記致しましたようび事前にご予約頂ければと思います)

 
日時 
12月13日 土曜日 13時から17時
Work shop 1 = wristwarmers of traditional Öland patterns
12月14日 日曜日 13時から17時
Work shop 2 = wristwarmers of round afghan crochet
 
場所
NATUR ハルニレテラス
 
参加方法
事前予約となっております。
お電話またはメールにてお問い合わせください。
(既にお問い合わせ頂きましたお客様に関しまして引き続きご予約させて頂きます。
ご希望日が決定次第、ご連絡頂ければと思います。)
ご参加いただける人数に限りがございますので
定員次第応募を締切させていただきます。

それではどうぞよろしくお願い致します。

 
スウェーデンからの子供服 のこと
今日の軽井沢は、最低気温はマイナスとのこと。
浅間山の頭のてっぺんには雪がちょこんと積もり、
静かにゆっくりと、冬の知らせを運んできました。
知り合いの方は、浅間山の雪をみてわくわくしてきたと。

さて、そんな毎日ですが今回よりスウェーデンの子供服を
始めましたのでご案内を。
以前から少量ですが店舗でご提案していたのですが
この機会にNATURらしい子供服がご提案出来る事となりました。

100年前の伝統的なスウェーデンの子供服デザインを今も
作り続けている小さなメーカーさん。
あっという間に大きなってしまうお子さんですが
その年、その年の大事な一枚に選んで頂ければ嬉しく思います。


 
「エステルのしごと」展 11月15日(土曜日)から11月24日(月曜日)まで
今日は昨日の雨降りしきる寒さから一点、秋晴れの一日となりました。
さて、「ミカエルとダニエルのしごと」展から引き続き、
NATURでのお馴染みの陶芸作家、エステルの新作展示会を
11月15日(土曜日)よりはじめさせて頂きます。

エステルは以前、こちらのブログでも紹介させて頂きました
スウェーデン人女性作家となります。スウェーデンでの陶芸活動を一旦休止し
イギリスに単身留学し再度、自身の技術・作品の在り方を学び直し
独自の世界観を確実に構築していった新作作品郡となります。

エステルから荷物が届き開封を手伝って下さったスタッフさんも
涙が出る程感動したと話してくれました。

「スウェーデン人らしい〜」ではなく、エステル自身が持つ
強く豊かな感受性で制作された作品を、一人でも多くのお客様に
ご覧頂ければ何よりも有り難く、嬉しく思います。

 
晩秋のスウェーデン のこと



晩秋のスウェーデン。

旦那さんの買い付けも無事終了し、昨晩軽井沢へ戻って来ました。
矢継ぎ早に、何を食べたのか、どこへ行ったのか、ホテルは良かったのか
どんな収穫があったのかなどなど、質問を浴びさせてしまうのが私の悪い癖です。
話しを聞いては、ストックホルムのピリッとした10月の寒さや、
胃にもたれる程の濃い珈琲の味、埃っぽい地下鉄に街の匂い・・・そういった記憶が肌や鼻や舌を
くすぐるようで、まるで自分も旅しているかのように、感じてしまいます。

そんな旅の中で一番羨ましいと感じたローゼンダールカフェ。

王室の別荘地だった庭園を、りんご園や野菜畑に
花畑、そして温室を改造したカフェへと提案しているローゼンダールカフェ。
連日、ストックホルムっ子で賑わいをみせています。

ディスプレーの勉強にと籠使いやブリキを使った花器など
沢山の写真をおさめてくれました。



計算された・・・とか、シンプルな・・・とか、北欧的な・・・とか
そんな代名詞は必要ない、溢れんばかりの温かな心地よさ。
人が何を求めてここへくるのか、
それを一言で表現させる手法が羨ましいと感じてしまいます。

そんな場所をここ軽井沢でもつくれるといいなと、
妄想してしまいます。

私はというと、今回からは出産を機に買い付けは一旦お休み。
だからか、私の妄想は旅への衝動と共に一層濃厚にそして
深くなっていくばかりです。







 
「ダニエルとミカエルのしごと」展 11月1日(土曜日) よりのこと


皆様、如何お過ごしでしょうか。
今日の軽井沢はあいにくの、曇り空。
紅葉も少しずつ冬の気配を感じさせるかのように
落ち着いて参りました。
それでも光が射し込むと鮮やかな黄色や紅色が
きらきらと輝き、目にも眩しいほどです。

この度、11月1日(土曜日)から9日(日曜日)まで
スウェーデン人木彫作家ミカエルと、スウェーデン人針金作家ダニエルの
新作展示を行います。

両作家とも、NATURがオープンした当初から
お付き合いしております作家さんとなります。
ミカエルはパイン材を荒々しく削り出した作風が
特徴の作家で、その削られた跡はまるで動き出すかのような
躍動感溢れるものです。
ダニエルはスウェーデンの伝統工芸でもある針金細工を応用し、
昆虫や草花を制作するのですがそれはまるで、生きているような
繊細さに溢れています。

対照的な二人の作家。

どうぞそんな感覚的作風を体感できるお品かと思いますので
軽井沢の紅葉散歩がてらお立ち寄り頂ければ嬉しく思います。



 
買い付けのお知らせ のこと


軽井沢は眩しいほどの紅葉で、散歩だけでも十分すぎる
幸福感を感じさせてくれる毎日です。

さてこの度、10月24日から11月6日まで北欧買い付けとなります。
現地でのネット環境によりメールで頂きました商品のお問い合わせ等が
迅速にご対応できない状況でございます。
お急ぎのお客様は店舗に直接ご連絡頂ければ有り難く思います。
何卒ご理解、ご了承頂きますようお願い申し上げます。

 
お礼と感謝 のこと そしてこれから・・・

10月11日より始まりました「こまつまりこのしごと」展、
多くのお客様にお越し頂きました事、誠に有り難うございました。
心よりお礼申し上げます。

この展示会から引き続き、次はスウェーデン人木工作家ミカエルと
針金作家ダニエルの展示会を開催致します。

ミカエルもダニエルもNATURでお馴染みの作家となりますが
今回の展示に合わせ、両作家とも新作をご提案させて頂きます。
11月1日(土曜日)より11月9日(日曜日)までとなります。

皆様のお越し心よりお待ち申し上げております。

 
「こまつまりこのしごと」展10月11日(土曜日)よりとそれから のこと
今日から始まりました「こまつまりこのしごと」展。
大事な三連休のお休みにも関わらず、
今日初日から沢山のお客様にお越し頂きました事
心よりお礼申し上げます。
これから一週間の展示販売となりますが一人でも多くの方々に
この展示をご覧頂ければこの上ない喜びでございます。

昨晩、スタッフさんと共に設置致しました様子を少しお見せ出来れば。
小松さんの丁寧なお仕事と、斬新な造作力。

定番のソッコちゃんシリーズとともに、今回のメイン作品の
バック達。どれも、これも一点もの。

欲しいな、欲しいなと思いつつもぐっと我慢でした。

お店も新しい家具が納品されました。
冬物のブランケットやスウェーデンからの毛糸に
マリメッコやブリックブラックのお洋服などなど入荷しております。
是非このお休みには秋風が心地よい軽井沢で一日をゆっくりと
過ごして頂ければ。

どうぞよろしくお願い致します。








 
こまつまりこのしごと展10月11日(土曜日)から開催 のこと


皆様、如何お過ごしでしょうか。
なかなかお知らせできずに申し訳ありませんでした。
こちら軽井沢は10月をむかえ、木々の葉も紅や黄色に
色づき秋色模様となって参りました。

さてさて、そんな秋盛りの軽井沢でこの度、
作家小松まり子さんの
「こまつ まりこのしごと」展を開催致します。
今年度は二度目の個展。
一度目は大変ご好評頂きました動物作品の展示。
そして今回は小松さんにとっても初めてのご提案となるバック作品。

ただただこれが、さすが小松さんならでは。
DMでの絵柄は小松さんのスケッチを元にデザインしたのですが
スケッチのようにとっても個性的で造作力抜群のバックが仕上がりました。
人の想像力ってなんてすごいのだろうと、改めて感じた作品です。

実は私は大のバック好き。
アクセントになるような、はたまたバックが主体の
コーディネートになるバック達に惹かれるのですが
今回、小松さんがご提案致します作品はそんな欲求を
十分に満たしてくれる他にはない特別な作品となりました。

前回に引き続き、今回も一つ一つ丁寧に制作してくださった
お品になりますので、1点ものとなりますことご理解下さいませ。

期間は10月11日(土曜日)から10月19日(日曜日)までと
させて頂いております。
皆様のお越し心より、お待ち申し上げております。



 
<<back|<45678910111213>|next>>