現代swedenデザイン
東京芸術学舎

http://gakusha.jp/

にて

「北欧諸国の文化とデザイン北欧の建築・家具・デザインが目指すもの」

という北欧諸国全体の文化やデザインのお話をさせて頂きます。






冬講座(4/29  19:0021:00

現代スウェーデンのデザインの行方

北欧4ヶ国の中で、常に「北欧の伝統(ノルディック・トラディション)」の価値を認め、意識しながらも
そこから新しい変貌の先へと目指してきた北欧・スウェーデン。
現代スウェーデンにおける最新のデザインの動向を
講師の体験を通して紹介します。



 

春講座(67 火 19:0021:00

現代スウェディッシュ・デザインが見つめる先

スウェーデンで生まれた講師がこの国に向ける透徹した視線。
現地の特色あるデザイン教育とはどのようなものだったのでしょうか。
才能との出会い。日本人のアイデンティティを堅持しつつも
そこでは何が求められたのでしょうか。
最新のスウェディッシュ・デザインを紹介します。



 

個人的
  ELLE STAR BLOGにて
「  個人的 」
を更新しました

 http://blogs.elle.co.jp/sunaga/2011/04/22/%e5%80%8b%e4%ba%ba%e7%9a%84/

Salone Internazionale del Mobile, Milan 12-17 April 2011
 

Salone Internazionale del Mobile, Milan 12-17 April 2011

Welcome to PAV 16 stand D47

ミラノサローネにて

新作KOKKOを

発表いたします。

KARL ANDERSSON & SÖNER

「åtta - Contemporary Swedish Craft 2.0-」
 NATURでは
「åtta - Contemporary Swedish Craft 2.0-」
SWEDENの現代工芸作家8人展を開催します。
陶磁器、ガラス、テキスタイルなどを題材に
北欧スウェーデンで活躍する
8人の女性クラフト作家の作品によって
構成されるエキシビションです。

核となるテーマは「エッセンス」=本質。
ものを構成している素材や
ものの存在意義である役割を
8人の作家はそれぞれに探求して作品として表現します。

スウェーデンのクラフトが脈々と備えてきた
美しさ、詩情、民俗性
そして使いやすさなどさまざまな要素が
現代的なコンセプトによって生まれ変わっていくのです。
                                    
「åtta」とは、スウェーデン語で8のこと。
エッジィな感性を共有する8人の女性作家による
新時代のスカンジナヴィアン・クラフトに
ぜひ触れてみてください。



「åtta - Contemporary Swedish Craft 2.0 -」@NATUR
期間:4月16日(土)から24日(日)

■出展作家
Kina Björklund (キーナ ビョルクランド)
Mia E Göransson (ミーア ゴーラーソン)
Carina Seth Andersson (カリーナ セス アンダーソン)
Ellen Ehk (エレン エウク)
Anna Sjons Nilsson (アンナ ションズ ニールソン)
Eva Göransson (エヴァ ゴーラーソン)
Inger Andersson(インゲル アンダーソン)
Åsa Pärson(オサ パーソン)

主催:dieci+Pärson Livén Gallery
企画協力:土田貴宏
アートディレクション:bitzgraphics
http://www.dieci-cafe.com

雛人形
  ELLE STAR BLOGにて
「  雛人形 」
を更新しました

http://blogs.elle.co.jp/sunaga/2011/04/01/%e9%9b%9b%e4%ba%ba%e5%bd%a2/

Peacefulな記憶
  ELLE STAR BLOGにて
「  Peacefulな記憶 」
を更新しました

http://blogs.elle.co.jp/sunaga/2011/03/29/%ef%bd%90%ef%bd%85%ef%bd%81%ef%bd%83%ef%bd%85%ef%bd%86%ef%bd%95%ef%bd%8c%e3%81%aa%e8%a8%98%e6%86%b6/

アンダーシュさん のこと
 

アンダーシュさんの作品に出合ったのは本当に偶然でした。

スウェーデン出張時、ある作家さんへの御挨拶に工房を訪れた時、
彼女がコーヒーを私たちに出してくれた時に使ったのが、アンダーシュさんの作品。

たっぷりとしたフォルムのマグ、優しい白色がコーヒーと素晴らしく似合っていて
一瞬、コーヒーを頂くのを忘れるほど、手の中に心地よさを感じました。

早速、彼女に思いを話し、名前と連絡先を頂き即、お電話。
電話口から重みのある優しい声で、私たちの来訪を喜んで下さいました。

今日、そんなアンダーシュさんの作品がスウェーデンから届きました。
今回は前回同様、2種類のマグをご提案させて頂きます。

皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。



アンダーシュさんの工房から。
3つの台所 のこと
 

3月19日から29日まで行いました3つの台所展、無事に終了いたしました。
期間中は多くの皆様にご来場いただきましたこと、心からお礼申し上げます。

また、展示に参加協力していただきました、ありんこ菓子店さん、麦小舎さんにも
心から感謝しております。

本当に本当にありがとうございました。





主幹を残して
  ELLE STAR BLOGにて
「 主幹を残して」
を更新しました.



http://blogs.elle.co.jp/sunaga/2011/03/08/%e4%b8%bb%e5%b9%b9%e3%82%92%e6%ae%8b%e3%81%97%e3%81%a6/

3つの台所

 3月19日(土)から3月29日(火)まで
北軽井沢にある「本とコーヒー 麦小舎」さんと
中軽井沢にある「ありんこ菓子店」さんと
合同展示を行います。
それぞれ3つのお店が提案する
3つの台所。

麦小舎さんの選ぶ台所関係の魅力的な本と
ありんこ菓子店さんの作るおいしい焼き菓子と
NATURの提案する台所道具をお楽しみください。

■期間:3月19日(土)から3月28日(月)
■場所:NATUR


<<back|<30313233343536373839>|next>>