<< アンティークのことNO,4 | main | カートさんの籠 のこと >>
サーメ族のアクセサリーワークショップ 4月19日(日曜日)、20日(月曜日)


こちら軽井沢は春を感じさせた陽気からは一点、
ここ数日は寒い毎日が続いております。
皆様のお住まいのところは如何でしょうか。

この度、4月19日(日曜日)、20日(月曜日)の2日間
NATURにてサーメ民族の伝統ジュエリーを制作するワークショップを
行います。
(※ワークショップは13時より3時間開催致します。
どちらご都合がよろしいお日にちをお選び頂けます。)
今回もまた、スウェーデンよりスウェーデン人女性作家アニカさんが
来日致しまして、ご参加頂ける皆様とともにワークショップを
開催致します。

きっとこのジュエリー、皆様もご覧になったことがあるのではないでしょうか。

スカンジナビア半島の北方少数民族、サーメ族はもともとトナカイの放牧を
生業としながら、名産であるシルバーの運搬やトナカイの皮製品の販売などを
行っていました。
なかでも、彼らが手掛けるトナカイの角や革を用いたジュエリーは、
美しい自然をモチーフとしたサーメ族独自の工芸品。

これらの文様の原型はバイキング時代にまでさかのぼるもので、
現在ではサーメ族の末裔から若手アーティストまで、
幅広い年代へ伝統的な手法が受け継がれているジュエリーです。


今回は2日間のみのコースとなります。
ご参加人数には大変申し訳ございませんが
10人までと制限させて頂きます。

ご予約方法につきましては、お手数をお掛け致しますが
NATUR店舗にてお電話でお問い合わせ下さいませ。
(電話番号0267−31−0737・4月のワークショップの予約と
お問い合わせ下さいませ)

ワークショップの講習費(材料費込み)は7,000円からとなります。
制作するものは当日、お客様自身にネックレスかブレスレットの数種類の中から
お選び頂けるため、講習費は7,000円から〜とさせて頂きました。

皆様お誘いあわせのうえ、是非ご参加下さいませ。


それではどうぞよろしくお願い致します。