<< これからのNATURのこと 3月より〜 | main | アンティークのことNO,3 >>
アンティークのことNO,2
軽井沢は今日も朝から雪、雪、雪・・・。
昨年二月に降った大雪の後遺症からか
今日のように降り続く雪となる度に
ドキドキしてしまいます。
そんな心配をよそに夜になったら止んだので一安心です。

さて、先日お知らせ致しましたアンティークティーポットに
引き続き、今日は片手鍋のご提案です。

こちらは1950〜60年代のデンマークアンティーク
B&Gでの製造となる片手鍋。
取っ手はチーク材となります。
デザイナーはヘニング コッペル。
直径10,5cm 高さ8cm 取っ手までの幅24cm

シンプルな形状だからこそ、どんな食卓場面にも似合いそうなお品かと。

旦那さんが夜な夜なアンティークの箱を開封するたび
これはあのお客様に、とか、あれはこの方にと
お顔が浮かんでは二人で話します。
寒空の下、そう思える夜がとても嬉しく、あたたかく感じる毎夜です。

それでは