<< Exhibition 1810-2010  | main | GREAT SWEDISH CRAFT オーケさんの木製品 >>
Original Design 縞模様のてぬぐい

 

 

 

縞という漢字が糸偏であることが示すように、
縞模様は織物や編み物等の布製品の柄として古くから使用されてきました。
そもそも、その製作構造上の利便性、機能性から生まれた単純な柄ですので、
縞は世界中に見ることができます。
縞の太さ、縞の間隔、色の組み合わせだけで、
その縞の特色、地域性を表現できる汎用性があるところに単なる柄を超えた
縞模様の特別な存在意義を感じました。

江戸では縞は粋の象徴でした。
庶民の生活必需品であった手拭にも頻繁に縞が使用されたそうです。
私たちがデザインした縞模様は、手拭の長い辺に平行の縦縞です。
この種の縦縞は、手拭を染める技術、注染で表現するには
大変難しい技術とされています。
注染は手拭幅で折り畳んだ晒の上に柿渋を塗った型紙を引き、
染料を注ぐため、どうしても若干のズレが生まれます。
そのずれが機械的に刷られる印刷とは異なる伝統技術である
注染の味であると同時に弱点でもあります。
有機的な図柄や顔などの図柄にくらべ、幾何学的図柄、
とくに手拭長手方向に平行の縦縞は、ずれが明確です。

この図柄を職人さんに提案させて頂いた際に、こう言って下さいました。

 

懐かしいね。こういう難しい柄を受けないと職人の腕が落ちる。

でも、どうしてもずれるよ。それでもいいかい?

 

私たちの生活のに手仕事が少なくなってから、随分経ちました。
機械的な精密さ、均一さに価値を求め、
ずれという個性は、二級品という評価を得てしまいました。

 

私達は、ずれを味として一つの価値として、縦縞の手拭を製作しました。

色は、昭和初期に刊行された色見本帳を元に再現して頂いた四色です。

 

柑子

猩々朱

墨色

群青

 

縞模様手拭

DESIGN MICHIYO SUNAGA

 

軽井沢NATURで販売をしております。