<< 母のこと | main | ダニエルさんのこと >>
春とお菓子のこと
 


2月もそろそろ終わる頃、道路のへりに残る雪を横目に、
上を見上げれば、抜けるような青空が春を待ちわびたように
燦々と暖かな日差しを降り注ぎます。

軽井沢の春も、もうそこまでです。

写真のお菓子はスウェーデンの伝統菓子semla(セムラ)。
2月頃に出始める期間限定菓子。
この菓子が街角でみられる頃、長いながい、暗いくらいと思っていた冬が
もうそろそろ終わりになるよ、と知らせてくれるようで
沈んだ心を春の期待で胸いっぱいにしてくれるかのようでした。

今日、二人の新しい作家さんの作品が届きました。
なんだか、春を運んできてくれたかのように、清々しい気持ちにしてくれました。